【橿原市・大和高田市(奈良県)】注文住宅会社選びNavi! » どんな家にしたい?住宅の種類 » 平屋

平屋

平屋ってどんな家?

階段がなく、建物の1階部分のみで構成されている建物を平屋といいます。

日本は平屋の住宅が一般的でしたが、現在では2階建ての住宅がほとんど。

しかしデザインや使い勝手の観点からあえて注文住宅を建てる際にあえて平屋を希望する方も少なくありません。

平屋を建てるメリット・デメリットって?

メリット

生活導線を確保しやすい

1階部分のみで構成されている平屋はその部分だけで生活が完結するため、効率の良い導線が確保しやすくなります。

家事の中でも選択をする場所、浴室を置く場所と水回りがまとめやすくなるため、効率よく生活できるようになるのです。

スムーズな導線を確保した家を希望する方に向いているでしょう。

バリアフリーに向いている

階段をはじめとする段差が少ないことから、バリアフリーにも向いています。

近年では生活するスペースをすべてフラットにすることで、段差のある場所では行動が不自由な方でも暮らしやすくなります。

コミュニケーションが取りやすい

家に住む人全員が同じ階で暮らすため、自然とコミュニケーションが取りやすくなるのもメリットといえるでしょう。

2階建ての場合に置きがちな「すぐに自分の部屋に直行してしまって顔を合わせることがほとんどない」といったことも少ないでしょう。

デメリット

広い土地の確保が必要

平屋を希望する場合、2階建てよりも広い敷地の土地を必要とする場合があります。

同じ延べ床面積の家を建てる場合でも、2階建てと比べて1階建ては広い敷地を必要とするのです。

坪単価が高くなることがある

同じ延べ床面積の平屋と2階建てで比べた場合、平屋の工事費と坪単価が上がってしまう可能性が高くなります。

屋根と基礎の面積が2階建ての家に比べて倍になるため、坪単価が高くなるのです。

メリットも多い平屋ですが、土地の面積や坪単価などを考慮したうえで検討することをおすすめします。

ずっと住める高性能住宅を手頃な価格で
R+ハウス大和橿原店
(関西工務店)
関西工務店の施工事例|案内鳥がーくんが解説!橿原市・大和高田市の注文住宅
一級建築士が在籍
地盤保証 60年
ローコスト
対応

電話で問い合わせてみる

専任コンシェルジュが家づくりをサポート
楓工務店
楓工務店の施工事例|案内鳥がーくんが解説!橿原市・大和高田市の注文住宅
一級建築士が在籍
地盤保証 20年
ローコスト
対応
-

電話で問い合わせてみる

こだわりのデザイン住宅を建てられる
あおぞらホーム
あおぞらホームの施工事例|案内鳥がーくんが解説!橿原市・大和高田市の注文住宅
一級建築士が在籍 -
地盤保証 10年
ローコスト
対応

電話で問い合わせてみる